美少女になりたい

美少女になりたい

 

どうも、卒論でエロ漫画についてやりたいって言ったらボスにマジ…?と言われました。

 

まあそんなことはどうでもよくて、この記事の主題は美少女になってその辺のガキを手玉に取りたいという話です。

f:id:ran-1hr:20200528031909j:plain

野良ひぐま先生のTwitterより

こういうのとか

f:id:ran-1hr:20200528032018j:plain

森島コン先生のTwitterより

こういうのとか

楽しそうだなあって話です

脚に対する癖を分析してみた。

 

f:id:ran-1hr:20200420195921p:plain

風光る乙姫 小早川紗枝

この画像、いつも言ってますが性癖チェッカーですよね。

以前、通話をしている際もこの画像が話題に上がったんですが、僕はあるところに着目しました。

 

脚にも谷間*1ってできるんだ!!!!

 

こんにちは、298プロ脚好きの会会員ランです。

 

脚好きの会会長が先日こんな記事を書いてました。

 

https://die-con-blog.hatenablog.com/entry/2020/03/28/025744

 

いやーいいですよねなにがいいってゆらゆらアクアリウム大崎甘奈を入れている当たりが良いですねゑ。

ショーパン×ブーツ×おさげ!!!!!!!!

うちの娘が一番かわいいわ。

 

あとシャニではこれも好き

 

f:id:ran-1hr:20200420195337p:plain

はじけてスマイル 櫻木真乃

 

巷では親方、空から真乃ケツが…って言われてるやつですね

これ何が良いって足の指もちゃんと書いてることだよね、あと鼠径部。網もえっち*2

 

閑話休題

ということで今回は僕が独断と偏見で選んだ脚カードデレ編をお送りします。

 

Cu編

f:id:ran-1hr:20200420200733p:plain

ハーティーウェーブ 五十嵐響子

いや雫になりたいねえ。きょこの脚をつたってそのまま母なる海に戻れたらもう転生しなくても充分だわ。

あと太ももがこう潰れてるの…良くない?イイ。*315歳の若々しい筋肉が伝わってきます。

f:id:ran-1hr:20200420201312p:plain

憧れへのステップ 乙倉悠貴

まあ強いよね、強すぎて禁止枠にしようかと思った。

これの何がいいって憧れてたハイヒール*4履いてるとこだよね。ただでさえ長くて細くて美しい御御足の魅力がとんでもないことになってる。できればもっとピンなの履いて踏んでほ

あとデレアイドルが付けがちなガーターベルトなるこのゴムもイイ。付け足しの美学ってやつだね。

ちなみに乙倉ちゃんはスターティングデイズも迷った。あれ良くない。

 

f:id:ran-1hr:20200420202609p:plain

秘めた輝き

変態諸氏には理解していただけると思うが、女性がジーンズを履くこともまた「クる」のである。マジで。

ということでだちゃんね、色気が無いことがむしろ色気を引き出すのである。

先ほどの乙倉ちゃんが洋食の如く足し算ならこちらは和食の如く引き算の美学というやつではないだろうか。魅力的な女性にはジーンズ一本で良いのである。

 

f:id:ran-1hr:20200420203123p:plain

誠実なる花嫁 水本ゆかり

以前黄金比を成していることで噂になったゆかり嬢の三角形の底辺であるところの脚。

この裏腿 の魅力について語りたいところではあるけど某洋菓子がこの記事を見たら●されかねんので一言だけ。

 

めくりてえ。

 

Co編

f:id:ran-1hr:20200420204055p:plain

クーリッシュラブリー 綾瀬穂乃香

艶ッッッッッ…!

バレリーナの脚が美しくないわけがない(偏見)ので当然選ぶ。

ショートパンツってぴったりしてると更にその魅力が増すと思う。それにダメージ加工されたらもうたまったものではない。個人的にはボタンを開けるともっと良いと思うな。

 

クロネコチア―も太ももの肉付きの良さが分かるからめっちゃ好き。

 

f:id:ran-1hr:20200420204631p:plain

旅の呼び声 伊集院惠

人類は早く惠の脚に気づきべきである。(エ・ライヒト 1978~2020)

この衣装どうなってんねんって感じですよね。個人的に露出があからさますぎる(=全部出すかほぼ隠すかみたいなのが好き)脚はそこまで刺さらないんですが、惠は脚がきれいすぎてもはやそんなこと気にしなくなるよね。

 

f:id:ran-1hr:20200420205326p:plain

星巡る物語 アナスタシア

 美しすぎてえろいとかそんな感情ももはや抱かない。

足首の細さとそれを強調するかのようなアンクレット、水に触れる指先、少しだけ透けた膝、微かにシルエットを見せる臀部と太腿の付け根、そして美しい土踏まず。

極めつけはその白さ。まさに雪の妖精。

 

f:id:ran-1hr:20200420205830p:plain

ポップ・スウィート・ポップ 砂塚あきら

 *5ゴツい上着に比例して脚はシンプルなワンピースに靴のみ。このギャップが良いですよね。

見せつけてくる脛のスベスベ感がたまらん。

【その摩美々無気力につき】のように挑戦的な構図が多いシャニに比べて正当派の立ち絵が多い印象のデレには珍しいカードに感じる。

 

f:id:ran-1hr:20200420210653p:plain

金色の花香 水木聖來

敵う人いる?いない。おしまい。

そもそも感想を付けること自体が無粋。

一説によると花香(かこう)には色香って意味もあるらしいね。

 

Pa

f:id:ran-1hr:20200420211315p:plain

華道の大和撫子 衛藤美紗希

ヒップラインで女子力が渋滞起こしてますね。

おじさん語録は置いといて、ジャージでこんなにフェミニンにできるってすごいと思うんですよ。例えば足首をさりげなく出してるとことか、それでいて全然着崩してる感を出してないとことか。

あとふつーにスタイル良すぎだよん。

160/45/84/56/80はバケモン。大分に何があるというんだ。

 

 

f:id:ran-1hr:20200420211847p:plain

おねだりサボタージュ 大槻唯

安直~~~~~~!!!!!!!!!

シンプルすぎて選ばざるを得ない。

ここまで見てきて思ったが俺、かがんでるスタイルが好きなのかな。特に後ろ向きの。

まあ骨盤ってエロいもんね。しょうがない。

 

f:id:ran-1hr:20200420212518p:plain

バイタルチア― 斎藤洋子

何気ない日常にこんな薄着の娘がいてたまるか。いてくれ。

まあ腿に洋子さんらしい筋肉のハリがわかって好き。ラインもめっちゃきれいだし。願わくばふくらはぎ、そして指を見たかった。

欲を言えばもっと太く書いてもええんやでデレの絵担当者。

 

f:id:ran-1hr:20200420213126p:plain

ストイック・ロワイヤル 相馬夏美

自己分析の結果、*6私は脚がその機能を思い切り発揮しているところが好きだと解りました。

具体的には、このように伸ばしているところやその三角形を作っているところに惹かれます。

このカードの魅力はただ伸ばしている部分に留まらず、足の指の形まで想像させる力の入り方や、トレッキングパンツによってはっきりわかる太腿の形などにもあると思います。

その上で私から一言申し上げるなら、、ぜひ別アングルからの絵を発注することを提案します。

 

以上、僕が何となくアイマスシンデレラガールズカードギャラリーを眺めながらこの脚いいなあ~~~~~~~!!!!ってなったのを紹介する記事でした。

 

p.s 千夜ちゃんの脚がもっと見たいです。黒ニーが好きなので。

*1:タオルの間

*2:エッチじゃなくてえっち

*3:僕は裏腿が好きなので自明に好き

*4:ウワサ参照

*5: お前は…中田翔!?

*6:就活生なので。

春を感じた話

本日2月15日は「春一番名付けの日」、天気予報で初めて春一番という言葉が使われた日のようだ。

その名のせいか否か、今日の大阪は曇りがちに関わらず気温14度ほど。マフラーを着けていると汗ばむ位には暖かく、気持ちのいい一日だった。

そんな日和に誘われて、鴨川を散歩しているとふと思う。

「せっかく西に来たし飛田新地行ってみたいな…」

飛田新地、ネット上では吉原、すすきの等と同様かそれ以上に知名度のある風俗街だ。
私自身既知で、いつか足を運んでみたいという好奇心があった。

取り敢えず行きたい旨をツイートをすると、経験になるから行った方が良いとの助言を受ける。
幸か不幸か、夜は一日空いている。
自然とGoogle Mapで「飛田新地」と検索をかけた。


20時になるかならないか、私はなんば駅にいた。
人生で初めて風俗街に向かうためだ。
電車の中、携帯を手で隠しながら「飛田新地 ルール」や「飛田新地 マナー」「飛田新地 まとめ」と検索。撮影禁止、値段は一律、時間も決まっていて事を成した後は飴がもらえる…云々。気分は中学生の頃隠れてアダルトサイトを見たあの頃だ。

電車に揺られること5分。最寄り駅の動物園前に近づくにつれ頭の中は性欲と好奇心、そして恐怖心が等分、いや、恐怖が少し上回っている。
絡まれたら、ヤのつく自由業の方が出たら…。しかし、ここまで来たら引き返せない。

電車が止まり、ホームに出る。
マップを見ながら最も近い7番出口に向かうと、同じ方向に進む4人組がいる。

少し耳をそばだてる。(といっても、ほろ酔いの彼らの声はそんなことをしなくても聞こえる)

「今からどこいくんだっけ?」
「夜の動物園ww」

夜の動物園。言い方の良し悪しはともかく、状況含め間違いなく私と目的地を同じくしているとわかる。

未だ恐怖が残る私は彼らの後ろに着いた。
集団の一員に見られるよう、また道に迷わないように距離を詰める。


駅から10分ほど直進、カラオケ居酒屋の間を歩いていると先頭の男が左折した。
今までいた明るい道から、少し暗い道に出る。
突然甘い匂いも漂ってくる。

間違いない、飛田新地だ。

私が最初に入ったのは(後からわかったことだが)「メイン通り」、三本あるうち真ん中の通りだ。

この時には恐怖も薄れ、好奇心と緊張が増していたが、引き続き集団の最後尾に着く。
先の方に提灯型の電灯が軒に連なり、数多の男とすれ違う。

いよいよ提灯に到達すると

「お兄ちゃんどう?」

店のなかから声をかけられた。
先に読んだ通りおばちゃんが声をかけ、嬢(という言い方が正確かわからないが)が隣に座っている。
嬢はかわいいというより綺麗な美人で、薄着にスポットライトを当てられている。
店の一階は畳敷きにこの二人がいるだけで、あとは階段がある。情事は上ですると調べ済みだ。

嬢は手を振ってくれたらしいが完全に緊張マックスな私はそれを横目に真顔のまま進む、下手にリアクションは返せなかった。

次の店も、その反対の店もその隣の店も同様におばちゃんに声をかけられ、その隣で露出の多い嬢が愛想よくしている。

正直な話をすると、街に入って以来私の愚息は全く反応しなかった。間違いなく緊張からだ。
ラクラしていたという言葉が適切なのか、それとも夜の街に当てられたか。とにかく純度100%の緊張を抱えながら真っ直ぐ進んでいく。
前の男たちはどこの娘がかわいいという会話をしている。

実際、並ぶ嬢は皆美人だ。ネットで言われていることが正しいのは珍しい。やはりエロは男を団結させるということか。

そんなこんな考えているうちに、道が突き当たる。
なお、メイン通りは表情筋が言うことを聞かずずっと真顔だった。

まだ街に入って10分も経っていない。もう少しこの雰囲気を味わいたい。
顔は硬いが心はすこし解れてきた。愚息は硬くなる気配もないが今度は「青春通り」に向かった。

もはや絶滅したブルマやナース服、下着姿の嬢が行く先々で声をかけてくれる。青春の通り皆若い。殆ど私と年は変わらないはずだ。
肉々く、妖艶に、それでいて明るい声で魅了してくる。
想像していたものとは違い、おばちゃんも明るく客引きをしている。
時折男性が店に入ったり、逆に出てくる所も見かける。おばちゃん一人で隣に花束らしきものが置いてあるのは「接客中」ということだろう、声をかけられることはない。

この時もまた、緊張して一言も発せない。だが、少し余裕が出てきた。
既に前の集団とは離れ一人で回っている。
雰囲気を楽しみだした私は「青春通り」を通り終わると、今度は青春とメインの間の店を見始めた。
(飛田新地はメイン三本の通りと、それらを結ぶ小さい道から成立っている)

ここに、個人的に印象深い女性がいた。
正直ちょっと驚くほどかわいく(単純に私の好みなのもあるが、今日一番かわいいと思った)、一度別の道を回った後もう一度あの娘を見ようと店に向かった。

その女性は会話中で、おばちゃんの声が聞こえてきた。

「つまり、(嬢の)中から選んでもらうんだけど、選ばれるのが罰ゲームかもね」

おばちゃんは元々飛田で働いていた嬢が多いという。かわいいあの娘は働き始めたばかりなのだろうか。前を通るとき、目を合わせられなかった。

ここで女性の搾取がどうこういうつもりは無い。なぜなら私も性欲の赴くままに飛田に向かったのであり、「そういう場所」と知ってなお歩いているわけだから。ただの自己満足かつ押し付けの感情を持っただけだ。

とはいえこの時もはや事に至る気分は無くなり、あとは見学して帰ろうと考えた。完全に場違い迷惑野郎である。

最後の「大門通り」は妙齢の女性が多い。ネットでは「妖怪通り」とも揶揄されていたが、中々どうして美しい方が多い。また、おばちゃんがいない店も目につく。飛田のベテラン嬢が多いのだろうか。
一つの店を通る前、おばちゃんに声をかけられながらそちらを見ずに進むときがあった。特に理由はなかったが。

そうすると、おばちゃんは「一目女の子見てってお兄ちゃん!」と声をかけてくる。それもなんとなく無視する。
だが、超えたところでフッと後ろを振り返る。
飛田の店はおばちゃんと嬢がおり、壁には鏡が掛けてある。
その鏡ごしにおばちゃんと目があった。

先ほど書いたかわいい女性のエピソードが一番の衝撃なら、この時の目は一番の恐怖を感じた。

別におばちゃんも怒りやその類いの感情を向けたわけではない。断言できる。もし向けているなんて思ったらそれは思い上がりだ。なんの感情も抱かれていない。
それでも、なぜか恐怖を感じてしまい、足を早めた。

そろそろ出よう。もう一度青春通りを歩き、あの娘の店に足を向けた。
彼女は店にいなかった。
果たして、罰ゲームを被ったのか、時間で上がったかはわからない。
電車でみたサイトには嬢とは一期一会。もう会えないと思った方がいいとあった。
おそらくあの娘とは二度と会うことは無いだろう。(そもそも、向こうから認識など絶対にされていないが)

こうして、私の初風俗街は重たいままの財布で終わった。
あまり深い感想も持てなかった。
良い経験になった。位しか言うことができない。

あ、一つあった。愚息が全く役に立つ気がしなかったはショックだった。


冒頭に春一番と書いた。
春には「売春」、「春をひさぐ」のように性行為という意味もある。
もう一つの春が飛田にはあった。

オタクと五十嵐響子とアツアツマカロニグラタン

こんにちは。らんと申します。

この記事は298プロアドベントカレンダー2019の18日目の記事です。

前日はこちら。前々会長のポケモン体験記です。

 

 

 

この記事を書いている時期ですが、卒論の題目届とか就活とか生活リズムの乱れとかなんやかんやでだいぶ荒んでいます。なので僕のメンタル及び文章はオワってます。

この先読まれる方はそこの点に留意してください。

 

さて、去る12月10日、無意識に10連ガシャを回しました。(なんで?)

 

すると

 

 

f:id:ran-1hr:20191217155816p:plain

 

恋。

 

 

なんと、愛してやまない*1五十嵐響子ちゃんが来てくれました。かわいいですね。

 

 

 

 

 

どうしてだろう。響子ちゃんの手料理が食べたくてしょうがなくなってしまいました。

でも現実はクソなので響子ちゃんは僕のことをお世話してくれません。

悩みました。そこでふと

 

「自分が響子の手料理を作ればいいのでは?」

 

天才になりました。

いざ。 

 

「アツアツマカロニグラタン」(作詞、作曲 ヒゲドライバー)

 

(Oh Oh, My Lovely Darling

Oh Oh, My Lovely Darling

Oh Oh, My Lovely Heart, Oh Yeah)

 

*2から急いで お買い物*3

f:id:ran-1hr:20191217160033j:plain

 

鶏肉*4、玉ねぎ、マッシュルーム*5

f:id:ran-1hr:20191217161405j:plain

え~っとそれから何にしよう?

(Oh Oh, My Lovely Darling)

 

そう!毎日忙しくって

野菜も摂れてないんでしょ?

ブロッコリーも買っておくからね

f:id:ran-1hr:20191217162743j:plain

 

あなたを想いながら料理をすると

どうしてだろう? こんなに嬉しくて…

 

(中略)

 

最初にマカロニをゆでて

具材を切って炒めましょ

続いて小麦粉も混ぜてね

(Oh Oh, My Lovely Darling)

 

牛乳加え 味調え

f:id:ran-1hr:20191217160130j:plain

 

上にチーズをたっぷりふったら

オーブン*6レンジで焼いて できあがり!

f:id:ran-1hr:20191217160235j:plain

 

好きな人にご飯を作れることが

それが とっても とっても幸せなの…

 

だから Lovely Lovely

今日はほら 好きだって言ってた グラタン♪

ちょうど街で見つけたの

ハートのマカロニ*7

f:id:ran-1hr:20191217160349j:plain

 

ずっと Lovely Lovely

こんな風に アツアツでいられますようにと

こっそり願い込めて

どうか受け取ってね

 

健やかなるときも

f:id:ran-1hr:20191217160552j:plain

 たとえ病めるときも

f:id:ran-1hr:20191217160608j:plain

一番近くにいさせて…

 

だから Lovely Lovely

今日はほら 愛情たっぷりのグラタン♪

ずっと 大好きなあなたの

そばにいさせて

 

なんて Lovely Lovely

キモチの分 ちょっとだけ熱くなってるから

ヤケドには気を付けて

どうぞ召し上がれ!

f:id:ran-1hr:20191217160651j:plain

 

Fu Fu Fu*8 アツアツだから

Fu Fu Fu してあげる

Fu Fu Fu 最後の仕上げに

Fu Fu Fu させて Darling

f:id:ran-1hr:20191217162622j:plain

 

 

(Oh Oh, My Lovely Darling

Oh Oh, My Lovely Darling

Oh Oh, My Lovely Heart, Oh Yeah)

 

 

全五十嵐響子関係者の皆様、申し訳ありません。

 

五十嵐響子様、好きです。*9

 

f:id:ran-1hr:20191217160804j:plain

 

columbia.jp

*1:具体的にはラブレターで響子のソロパートを聞くと涙ぐみます。

*2:起きたのがこの1時間前とかなので自明に朝である。

*3:安さと24時間営業で信頼を集めるつくばのスーパートラ●アル。写真を撮ったのは敷地内の精米所の横。

*4:カ●ミで買った賞味期限が3週間ちょっと前(冷凍済み)のやつ。

*5:茨城にはそんなおしゃれな横文字のものは売ってなかった。

*6:そんなものは一人暮らしの男子大学生の部屋にない。

*7:そんなおしゃれな以下略。

*8:五十嵐響子にフーフーしてもらえるARとか開発してくれ。

*9:結婚したい。

765ASのオススメss紹介

f:id:ran-1hr:20181219161601j:plain

これは298プロアドベントカレンダー2018の12月20日の記事です

 

前日のはこちら

 

さて、本来僕はシンデレラガールズ6thライブ、ナゴヤドーム2日目を書くつもりだったんですが、気分上の都合により変更することにしました。もしかしたらそれもそのうち書くかもしれないです。

 

んじゃあ何かくの?ということですが、765ASのオススメssを挙げていこうかなと。

765ASって、どうしても公式からの供給が少なくてとっつきにくいかもしれないけど、二次創作もいいものがあるよ。気楽にどう?ってつもりで書いてみました。

 

僕がアイマスに入ったのはアニマスなんですが、その後ssを読み漁ってはまったんですよね、なので当時読んでたものから拾えたものを紹介しようかな、って思い立ったのがきっかけです。

 

あと、僕は大体何でも面白い!ってなるので、読む際は自己防衛(ここに例のおじさんがいる想像)してください。一応エログロはなくしたつもりです。

 

春香「イン・マイ・ライフ」

好き★★★★

わったししゃーにーすまーいる

春香Pに押すすめの一作。もう6年も前の作品ですけど全然衰えない魅力があります。美希、雪歩、伊織、千早、やよいの続編もありますのでそちらも合わせて。

 

雪歩「3分間だけ、抱きしめてくれませんか……?」

好き★★★

雪歩ってほんと女の子だよなあってなる作品です。純愛っていいね!

 

千早「春香、私、春香に作ってもらいたい料理があるのだけれど」

好き★★★

ドイツ語はわからないですね。僕はかっこいい千早ももちろんですがこのくらいポンコツなちーちゃんも好きです。

 

小鳥「お父さん、お母さん」P「はい?」春香「えっ?」

好き★★★★

ああー、懐かしい。これはかなり有名ですよね。小鳥さんと春香がそっくりだっていうネタをうまく利用した長編です。一見の価値ありかと。

 

P「久しぶりに同窓会でもするか」

好き★★

未来のお話ですね。ゆるゆる読める作品です。

 

P「残念だが……春香以外みんな亡くなったんだ」

好き★★★

面白いですよ、ホントに

そんなに長くはないんですが起承転結がしっかりしてます。ただ、タイトルからわかる通り鬱々とした気分になるものなので閲覧は注意です。

 

P「風俗嬢に恋をした……」

好き★★★★

中学校の頃タイトルに惹かれて読んだやつですね

特に春香Pの人は閲覧注意、でもそんなに胸糞要素はないんじゃないかな、ちょっと切ないPの恋のお話です。結構長いので読み応えありますよ。

 

真美「まみずれたー」

好き★★

Pに届いた真美の手紙、その中身とは…?サクッと読めてほっこりする話。

 

やよい「うっうー!お金くれるおじさん大好きですーっ!」

好き★★★★

いやあの、読んで。はい、タイトル詐欺ですね。若干無理やりな部分もありますけど傑作だと思います。アイドルのn年後が好きな人は楽しく読めるんじゃあないでしょうか。続編もあります。確か。

 

春香「765プロが倒産してもう1年かあ……」

好き???

これかあ…、何回か挑戦しているんですけど、どうしても読み切れないんですよね。なんとも重くて。何で取り上げたかというと、アイマスssが流行ったきっかけらしいんです。誰か読んだら感想ください。

 

春香「プロデューサーさんって彼女いなさそうだよね~」

好き★★★

春香はあざとい。女の子ってちょっと怖いけどかわいいよねっていうお話。ニヤニヤしながら読めます。

 

P「オークションですか?」小鳥「はい」

好き★★★

やよいはかわいいなあ!ってことでギャグ調のお話です。このくらい軽いやつ大好きなんですよね。

 

【765プロ総合】第1スレ(1001)

好き★★★★★

アニマスを観たらこれを読んでってくらいの良作。作者さんの765愛が存分に伝わってくる大作です。ほんとに長いけど、読む価値はあると思います。

 

冬馬「765プロのライブが当たった」

好き★★★

あまとうお前は俺の同士だ。これ読むとライブに行った気分になれますね。冬馬が安定のキャラ崩壊を見せているのでご注意を。あと、少しだけミリオンの子も出てきます。

 

P「俺の担当アイドルが・・・・自殺?」

好き★★★★

感動ものです。伊織PにもそうでないPにも紹介したい。長編だし、読むのに体力使うので十分に時間があるときにどうぞ。伊織ちゃんの罵声はご褒美。

 

あずさ「飲み屋あずさ」

好き★★★

これ好きなんですよ。あずささんが開いたお店、皆さん行ってみたいと思うんですが、そういう人はご一読を。

 

P「俺が引き抜き!?」黒井「ウィ」

好き★★★★★

読んでwwwwwwこれはほんとに面白いです。ギャグです。間違いなく。PKジュピターっていうシリーズの第一作なんですが、当時の僕を爆笑させたシリーズです。

 

春香「プロデューサーさんと冬馬くんってなんか似てない?」

好き★★★

Pと冬馬のお話ですね。千早があほの子になってますがそれはご愛敬で。

 

P「プロデューサーグッズ始めました…」

好き★★★

物販ははやさがモノを言う。至言ですね。やよいおり好き。キャラは崩壊(特に小鳥さん)しているので注意。

 

響「我那覇響と!」真美「双海真美の」「「TOKYO MIDNIGHT!!」」

好き★★★★★

えーと、、、ギャグというか…とりあえず僕が一番好きな765ssです。でも、キャラ崩壊はめちゃくちゃ激しいので読む人は自己責任でお願いいたします。疲れてるときとかミッドナイトに読むと死ぬほど笑えます。それは保証します。数あるアイマスラジオシリーズでも傑作の名高いこのシリーズ、気になった方はどうぞ。

ちなみにラジオシリーズですが、連作になっていて、ほかの番組も存在します。

ankake.blog.jp

からどうぞ。

 

ということで765ssを20作品紹介しました。

紹介を書くにあたって久しぶりに読んだんですが、凄く懐かしかったですね。

 

番外編として一本

765P『……ンフ』モバP『……プス』

好き★★★★★

これはタイトルからもわかる通り越境作品ですね、765ASPとシンデレラPが知り合いだったら…っていうお話です。デレが入ってくるので番外編としました。

 

僕が読んだことのない名作や、取り上げられなかったもの、シンデレラやミリオン、Mマスの名作も沢山あるので追加していきたいなーっても思ってますが予定は未定です。

 

テスト?知らない子ですね…

 

僕が765ASで好きなのはssでいろんな人がいろんなキャラをいろんな風に書くっていう側面もあって、それの一端が紹介できたら嬉しいです。

 

オススメのssあったら是非教えてください。では。

ナゴヤドームDAY1感想文 ラン おくれてごめんなさい

シンデレラガールズ6thLIVE ナゴヤドーム公演DAY1 レポート

 

298production Advent Calendar 12/3

創作って難しいねの話|itf_morikubo|note

↑前日の

 

※ぼく個人の感想がほとんどなので解釈違い!wはごめんなさい

 

名古屋到着後、トラブルもありつつ(高菜柚パーカー事件)無事入場、ライブ前特有のソワソワした雰囲気が身を包みました。流れる曲にコールを入れつつ今日の予想などを連番の方と話したり近隣の方に名刺をいただいたり、カレーメシになったりと楽しく待機。

当日のライブ前の導入曲はハイファイ☆デイズ、メラドでも最高に盛り上がった曲の内の1つ、当然テンションはマックスに。

さあ、ダンサーさんの入場が始まりました。今回のライブは入場曲に合わせて彼女たちが入ってくることが始まりの合図。こういうところ、すごく好きです。

ダンサーさんたちの華麗なダンスとだんだんとピッチを上げるBGM、そして演者さんが出てきました。入口はいくつかあり、一気にステージに出てくる。座長といった概念がない今回のライブをよく表した入場方法だと思います。

 

1曲目、イリュージョニスタ! ワンナイトイリュージョン、今宵は遊びましょう、メリーゴーランド、曲のところどころに6thライブらしさが詰まったこの曲は4つの公演全てで1曲目を務め、わかりやすいコールで会場のボルテージを上げてきます。

初登場だった肇は1つ目のSSR、「ただひとつの器」の衣装をモチーフにしたもの、2016年に実装された当時はまだライブに出ることが出来なくて、今回肇てのライブでこの衣装で参加してくれて嬉しかったです。また、個人的に注目したのは茄子さん。こちらも初登場でしたが茄子さんそのまま!?と思うほどのクオリティ。素晴らしかったです。法子もドーナツ可愛いし雫もまんま雫だし衣装が4thと同じだった子もなおさらよくなっていましたがここらへんで止めておきます。とにかく開幕から最高の手を打ってきました。

 

2曲目、お散歩カメラ

Paで来るかな?ってなんとなく予想してて、ユッコかと思ってたら突然藍子の声が聞こえてきてそうきたかああああってなった記憶。実はポジパ全員が一発目ソロを経験したことになるんですね。そしてまさかのあんきら付き。きらりと杏が「藍子ちゃんパシャリ!」って言っててかわいいいいいいいってなりました。藍子の少しアップテンポな曲も歌えるんやぞっていう魅力が存分に出てて最高でーす!という感想で合ってますか?合ってます。

 

3曲目、cherry*merry*cherry

お散歩カメラ→ちぇりめり考えた人間許さねえ(ありがとうございます。)デレマス屈指の甘々ボイス智絵里、かわいかったです。2番でえへっって笑ったところを見てた人間いるかな、こちらもゆったりテンポじゃなくても似合うということを見せつけ、遊園地の楽しさを伝えてくれました。

 

4曲目、恋色エナジー

Cuソロ連チャン。個人的に超王道アイドルソングの一つ。可愛くなりたいと思う有香の気持ちがめっっちゃ伝わってきたし、正拳突きの振り付けイイ。あとMVにも実装されてる最後に小指を立てて腕を伸ばすポーズ、すごく好きやねん。

 

5曲目、おかしな国のおかし屋さん

こちらもCuソロ。〇す気かな?5thで多くの反響を生んだこの曲、今回もやってくれました。まずウサギ役はなんとウサミン。出てきたとき笑ってしまった。さすが一門の師匠。そして浮気を繰り返すかな子の今回のお相手はなんと森久保。これまで奏や飛鳥のようなカッコよさを持ったキャラが王子として出てきたのでビビった。最後はハグしててにっこりしてしまった。優しいお姉さんに囲まれてよかったね森久保。

 

6曲目、Sunshine See May

初フル尺披露となった山紫水明の曲。こんなに早く、ユニット曲一個目で来るなんて思ってなかったからイントロで〇された。イベント走ったなど個人的にも感慨深い曲。BGMにある水の音がとってもきれいだった。そして、僕は紫と白(二人の個人色)を振ってたんだけど、青と緑があまりにキレイで、山紫水明、まさに自然の美しさをまざまざと見せつけられた。この景色と拍手を作りあげてくれて、ありがとう、これが君たちの力だ。感情が高まりすぎて所々やばかったのと時間もないので2日目に詳しく。

 

7曲目、Kawaii make MY day!

最初のグリッサンドで意識が戻ってきた。今回のライブにはいなかったゆかり。法子と有香の二人で歌わせたことをめちゃくちゃ評価したい、しかも真ん中は空いてた。あれはゆかりの場所。デレステ屈指の良MVを持ってるkmmdのダンスが再現されてたし、法子の甘々ボイス(その2)が脳を破壊しに来てた。間違いなくゆかりに届いたと思うし、いつかまた3人で歌うことを期待したい。1+1+1=3以上になるメロイエ、新しい可能性を信じてる。

 

8曲目、Starry-Go-Round

このライブのテーマソングともいえる同曲。最初はコールがむずいんじゃ!ってなったけど慣れると超楽しい。あと何回か思ったけどテーマソングを1部終わりに持ってくるの挑戦的だなあと思う。これに関してはあんまり書くと無粋かなと思うので、短く楽しい曲をありがとう!だけで行こうと思う。

 

9曲目、Take me☆Take you

2部最初のたけたけ、メンバーが未央、菜々さんと森久保、三船さん、芳乃というこの曲で始めて歌った組の披露になった。「進み続けなくちゃ」、「たどり着ける自信があるから」「もっとずっと先へ」といった前を見据えるいかにもシンデレラらしい歌詞に彩られた曲を歌う森久保、三船さん、芳乃は確かにあの時から何歩も成長したんだろう。もちろん、未央と菜々さん。楓さんとみく、しゅがはもきっと前に進んでる。あと、「覚めない夢は始まったばかり」っていうのを2部はじまりに持ってくるのは期待値が爆上がりしてしまった。

 

10曲目、あんきら⁉狂騒曲

まさに遊園地の昼、楽しい楽しいゾーンの体現。センターステージとメインステージに分かれたあんきらが曲の終盤で再び集まるところで叫び散らかしてしまった。あとコールアンドレスポンスはやっぱりいいね。この曲で初めて参加したヒゲドライバーは最初叩かれた気もしたけどそんなの吹き飛ばすくらいいい曲を作ってくれたなあ。って思ってる。きらりはあの難しい部分(2番の最初のパート)をよく歌い切ったなあ。と。天むす!!!!!

 

11曲目、秋風に手を振って

李衣菜の声がナゴヤドームに響き渡ったこの曲。彼女の魅力は透き通る高音にある。そう言いたい。だからこそ秋風に手を振っては李衣菜の歌声が映える。そう言いたい。2回言ったけどそれだけ伝えたいことなのだ。銀イルカの情熱的な恋愛から一転、切ない別れと変わってしまった関係を表現するこの曲。日菜子が秋風にを歌うのは感傷に浸ってしまう。王子様を追い求めていた彼女が変化した男女関係を歌う切なさ、わかってほしい。

 

12曲目、秋めいてDing Dong Dang!

秋曲二番目。しんげき曲はコールが楽しい!!!光がこの中に混ざって歌うっていうのがよかったし、Co曲を楽しく変えてくれたPa組に感謝できる気がする。

 

13曲目、Naked Romance

CuCuCu。かわいいいいいいいという心の声が漏れだしそう。うづみほはいいぞ。アニメの最終盤に美穂が卯月ちゃんといつか一緒に歌えますようにって短冊に書いていたらしくて、それをNaked Romanceで達成したのがとてもいいと思いました。これが2日目のPCS告白大会につながったのでは?

 

14曲目、情熱ファンファンファーレ

まさか聞けると思ってなかった。前日まで茜サプライズ!wとか言ってたけどまあ聞けないよな…ってい思ってたから凄く嬉しい。そしてこれはポジパの2人じゃなくてPaで歌った、正しいと思う。きっと茜がいたらすごいですね!みなさん素晴らしい歌声をありがとうございます!っていうんじゃないかな。って思いました。まさにPaのやり方なんじゃないかなと。お昼を締めくくるにいい曲だったなあ。

 

15曲目、Sweet Witches’Night ~6人目はだぁれ~

きらり!?って思った。(子並感)明采配だと思う。みんな可愛かった。魔法の世界に連れていかれたなあ。センター森久保、よく頑張った。

 

16曲目、命燃やして恋せよ乙女

永遠の17歳、乙女」「流されやすい、乙女」「ビール大好き、乙女」「世を忍ぶ、乙女」「才色兼備、乙女」「「私たちは天翔ける、乙女」」!!!

菜々さんのスタイルがありありと見えたこの曲。個人的に注目したのはあやめ。世を忍ぶ、乙女の彼女は演歌が映えるのではないかと思う。くノ一として世をわたる彼女。いつか忍ドルとして時代劇の主役をはったら、主題歌は自身に歌っていただきたい。

 

17曲目、祈りの花

5th福岡で見せた依田芳乃の本気、今回は間違いなく超えたといっていいのではないか。正直な話、芳乃の声を始めて聞いたときは違和感があった。でも、今回は感じなかった。慣れたというのもあるだろうが、それ以上に高田憂希という役者が依田芳乃に合致してきたのではないか。そう思う。梅の花を振る姿、まさに依田芳乃というアイドルだった。

 

18曲目、Last Kiss

三船さん美しい。この一言で全て伝わるんじゃないか?あえて書くとしたら、流されてきた彼女がこのステージに立つことを望んでいてくれたら、それなら嬉しいな。あと、最後に証明がいくつか消えて唇に人差し指を当ててるシルエットが見れた。これがすごかった。目も口も見えなかったから表情はこちらの想像に任された。僕は笑顔だったと。心からの笑顔だったと、そう信じる。

 

19曲目、君への詩

直後のせいで冗談抜きで記憶喪失、誰か教えて

 

20曲目、さよならアンドロメダ

な に こ れ は

エモい。この表現の正しい使い方を学んだ気がする。照明でナゴヤドームの天井に正座が浮かび、レーザーで光が動く。最高だったの一言。個人的にステージを見るだけでなく会場全て俯瞰できたことが何よりよかったように思う。円盤で演者がどんなおどりかたをしていたのか補完することが今から楽しみだ。口がポカンと空きっぱなしだった。鳥肌も止まらなかった。

 

21曲目、夕映えプレゼント

オレンジの海がきれいだった。ここでは申し訳ないが藤原肇について語らせてもらいたい。彼女は色を大切にするアイドルなんだ。鈴木みのりさんの色紙に、何色にも染まれるって書いてあって、本当にその通りだった。そしてこの歌で「夢吹色」という色に染まれたのではないか。彼女の夢の一つが叶った。いつかもっときれいな景色を見せてあげたい。ちなみにアンドロメダからのつなぎを考えたやつは誰だ。しんでしまったよ。

 

22曲目、ガールズ・イン・ザ・フロンティア

これを書きたい。個人的にこの日一番の曲だった。藤原肇・佐久間まゆ・星輝子・高森藍子・そして神谷奈緒。この5人のガルフロという一つの答えをもらった気がする。この曲の5人は誰が歌っても最適解になるんじゃないか。そう思うけれども。それでもこの日のガルフロは最高の一つだったといえる。最初のパートごとの部分で歌う子が液晶に映るたびに大声が出た。その期待に応えてくれた。SSRとは異なりブーツを履いた肇、低音から高音までを出せるまゆ、圧倒的な歌唱力を誇る輝子、強い曲だって歌えることを生存本能ヴァルキュリア以来で証明する藍子、そして凛のパートを歌い切り、「開け!!!!!」と、強く強く強く歌い切った奈緒。赤から青に変化した照明も天才の一言。「うおおおおおおお」のコールに異議を唱えていた人でもあそこはゲームバージョンと同じ歓声を上げたに違いない。さあ、音源化してだせ。

 

23曲目、AnemoneStar

直前の奈緒に触発されたがごとき凛。恐ろしく「強い」という表現が光る。そして、マイクスタンドのパフォーマンス。これが、3代目シンデレラガール、トライアドプリムス、ニュージェネレーションズ、渋谷凛だという力を見せつけられた。走り続ける彼女の気持ちをこれでもかと見せつけられた。

 

24曲目、Love∞Destiny

オリメン、ラブデス、バケモン。まゆの∞で打ち抜かれた。加蓮も最高にかっこよかったといえる。個人的にだけれど、この曲はユニット曲というよりソロの集合体のように思う。「何があっても」以降の殴り合い、まさに彼女たちの力がみられた。

 

25曲目、踊りまくろ☆ダンシング・ナイト

早苗さん、かわいくないか???この曲も楽しいってことがわかった。ここにソロが来るなんて全く思ってなかった。警官の衣装半端なく似合ってたなあ。

 

26曲目、サイキック!ぱーりーないと☆

開幕にくるかなって思ってたけどよく考えたらナイトだから遊園地の夜を彩るのにうってつけだった。むんむんむん、サイキック美少女アイドルユッコの観客を楽しませるという気持ちが存分に伝わってきたし超楽しかった。そして最後にセクギル来た。やばい。ということは。

 

27曲目、モーレツ★世直しギルティ!

きたあああああ!!!!サイレンの音で高まった。ここまで疲れ切ってるのにこの曲、馬鹿か?ありがとうございます。何度か聞いたけれども、それでも毎回毎回新鮮なコールを届けてくれる。この日最高のオレンジ色を見られたように思う。

 

28曲目、毒茸伝説

秋は茸の季節。ということでマッシュアップ馬鹿でかい声で叫んで、会場が真っ赤に染まって、輝子の力をまざまざと見せつけられた。ヒャッハー!して世紀末になってしまった。

 

29曲目、Trust me

まだ来るか!!!アイマスには珍しいラップの曲。茄子さんの特徴的な声がすごく映えていた。そして、菜々さんの新しい可能性が垣間見えた。おめでとう、7代目シンデレラガール!!!!!!!

 

30曲目、∀NSWER

頭おかしいんじゃねえか???美玲が一人センターステージを歩き、輝子と森久保はトロッコ。まさにindividual「s」だった。あとやっぱ輝子うたくっそウメエ。

 

31曲目、Trinity Field

助けてくれ。「光る」の声が聞こえた瞬間の大歓声がこの日一番の声量だったんじゃないか。そう思う。三角錐が集まって一つの三角形になったり、天井と床の演出でMVの最初を表現してきたり、まさに「強さ」とは何かで殴ってきた。TPが戦って戦って、譲らなくて一つの曲になる。ああ、このユニットは本当にいいユニットなんだ。理解できた。ステージについては2日目により詳しく書く。

 

32曲目、Stage Bye Stage

ここからは全日程同じ3曲、まずはSBS。「つながる」というところ、みんなで言えて、本当に会場が一つになったと思う。ずっと聞いていたい。そう思ったのに時間は経って終わっちゃって、ライブも一端の終了。正直ここまでの10数曲意味が解らなかった。天才が凡人を本気でたたきに来てた。ありがとうございます。

 

色々発表あったけど、これだけ。ほたる、本当におめでとう。いくつもの不幸に見舞われた君だけど、あきらめずにいたらこんな素敵な幸運が訪れるんだ。さあ、君の歌声で僕らを勇気づけてほしい。

 

33曲目、GOIN’!!!

個人的デレマス一番いいコール曲。メリーゴーランドに乗ったアイドルがそこらじゅうを笑顔の海に開いてくれた。「せーの!!!」を言った瞬間、本当にこの曲はいい曲だなって。何回も何回も思ってるけれど改めて気づかされる。夢は終わらない。どこまでも続いていくんだ。

 

34曲目、お願い!シンデレラ

デレマスの表題曲といってもいいだろうこの曲。数々の投票で1位を取りまくったのは伊達ではない。そこら中でアイドル同士のからみは生まれるわでかいこえ出すわ、今日という日に感謝の一言を伝えることが出来た。「もう一回!」を何回も、何回も言いたい。そう思ってしまった。

 

これでほんとうに今日は終わり。最高のライブだった。アイマス最高!

 

MCとかもかきたかったけれど時間がないのでとりあえずここまで、また補完するかもしれません。